固定ページ

カテゴリー

電話占いも心理テストも良い部分を参考程度に考えると良い。

電話占いも心理テストも、結果は種類によって様々です。あの電話占いではこう言われたのに、別の占いではこういう結果であったなどよく聞く話です。肝心なのは自分自身が一体どの部分を信じるかという点です。どんなに良い結果であっても、信じない事にはどちらも当たっている事にはなりません。自分にどれだけ良い事が起こっていたとして、それを電話占いや心理テストの結果が暗示していたとしても、もっと良い結果を期待してい場合にはそれを不幸と感じてしまう人もいるかもしれません。

人は欲望の尽きない生き物です。良い事がありますと言われたら、自分にとっての良い事を想像し、期待します。客観的にみてとても良い事が自分の身に起こっていたとしても、自分自身がその出来事を良いと感じなければ単純に外れたという認識になるかもしれません。電話占いや心理テストの結果に多くを求める事なく、あくまでも人生において少しの参考程度にと考えておくのがベストでしょう。自分の生きていく上で色々と悩む事はあるでしょう。あくまでも最終判断は自分で決める事になりますが、判断する為の参考にする為の心理テストなどはあっても良いのではないでしょうか。その診断結果などを全てにおいて反映する必要はありませんが、迷った時、誰かにアドバイスを求めたいけれども個人的な理由などで人に話す事が出来ない悩みの決断を迫られている時など、一つの判断材料として加えても良いと考えます。

大昔、まだ天気の変化や病気の発生なども神仏や悪魔などの仕業と考えられていた頃などは、高名な占い師などが占星術などを用いて国の動向まで左右していた時代すらあったのです。人はどうしようもなくなった時、判断を下す為に何かにすがりたくなる事があるのだと言えます。悪い事が立て続けに起こった時などは、何が原因であるのかなどの判断材料に自分の性格などを知る事が出来る心理テストが有効である場合もあるでしょう。自分自身のことをもっとよく知る事によって、自分にとってマイナスになってしまう事などを回避するなどの対策を立てる事も可能になります。恋愛などの面においては、電話占いなどで相性占いが良く行われたりもしますが、仮に相性が悪かったとしても気にする事はありません。二人の間の気持ちが揺ぎ無い物であれば結果ばかりを気にする必要はないでしょう。逆に結果を気にする余り、表情や言動にそれがにじみ出てしまっては関係の悪化に繋がる可能性も否定できません。結果は結果です。参考程度に笑って理解出来るようになりましょう。